イビサクリームはどの部分(顔や乳首、お尻など)に使える?

イビサクリームはどの部分(顔や乳首、お尻など)に使える?

イビサクリームはデリケートゾーン以外でも使用OK!

デリケートゾーンの黒ずみに悩む方のために開発されたのがイビサクリーム。
でも、もちろんほかの黒ずみにも使えます!

 

公式で使ってOKと書かれている部分は

 

・乳首
・デコルテ
・背中
・ワキ
・お尻
・太もも
・ひざ、ひじ
・くるぶし

 

となっているので、つまり身体全体に使えるってことですね!
…でも、はダメなんでしょうか?

 

繊細な肌の赤ちゃんにも使えるように開発されているそうですが、
敏感肌なわたしでも顔に使えるか、試してみたことがあります。

 

その結果、ぜんぜん問題なく使えました
ぜんぜんかゆみやかぶれもないですし、赤く腫れるってこともありませんでした。

 

デリケートゾーンの黒ずみはもちろん気になると思いますが、
顔もけっこう黒ずむ部分なので、使ってみたいなとは思っていたんですよね。(^^;)

 

これで、イビサクリームが身体でも顔でもあらゆる部分に使えることがわかりました。

 

イビサクリームの効果・効能は…

ただ、イビサクリームの特徴を考えると、ある種類の黒ずみには微妙かもしれません…

 

それは、小鼻の黒ずみ

 

なぜかというと、デリケートゾーンや顔、乳首などの黒ずみはシミ(色素沈着)なのに対して、
小鼻の黒ずみは不要物が詰まって酸化したものだからです!

 

小鼻がイチゴみたいにブツブツしているのは、毛穴に角質や皮脂が詰まって、それが酸化することで黒くなっているんです。

 

そもそも、イビサクリームの効果・効能は

 

■シミ・色素沈着の原因になるメラニンを防ぐ
■美白効果

 

となっています。

 

毛穴に詰まった角質や皮脂を取り除く効果はありません。

 

イビサクリームはターンオーバーの正常化をサポートはしてくれますが、
そういう意味でなら長い期間使うことで毛穴詰まりを防ぐことにはつながるかもしれませんが…

 

イビサクリームを使うのにオススメな黒ずみタイプ!

具体的に、どんな方にオススメかというと…

 

・摩擦や皮膚の刺激によってできる黒ずみ
・陽ざし(紫外線)によってできる黒ずみ
・肌の乾燥による黒ずみ
・ターンオーバーの乱れによる黒ずみ

 

になります!

 

メラニンが原因の場合は
毛穴の皮脂詰まりの場合は×〜△
乾燥による黒ずみの場合は

 

良かったら参考にしてください(^^*)

 

>>イビサクリームを粘膜に使うのはNG?