イビサクリームを生理中に使うときに注意するべき点!

イビサクリームを生理中に使うときに注意するべき点!

イビサクリームは生理中だとイイ?ダメ?

生理中は肌が荒れやすくなる時期があるので一切イビサクリームを使っちゃいけないんじゃ?

 

そう思う方もいるかもしれませんが、きちんと時期を考えて使うことで、そういった心配をする必要はないはずです!

 

イビサクリームに限らず、どんな基礎化粧品だって、生理中は一切使えないということはありません。

 

生理の周期にも使っていい時期と使っちゃいけない時期があります。

 

その時期を見極めればイビサクリームを使うことは十分に可能です!

 

イビサクリームがNGな生理の周期って?

もうご存知かもしれませんが、生理には4つの周期があります。

 

そして、その周期によってエストロゲン”という女性らしさを出すホルモンと、
プロゲステロン”という妊娠環境を作るホルモンのバランスが変わっていきます。

 

■生理(月経)
女性らしさを出すホルモンのエストロゲンが活発になる時期です。
卵胞の成熟を促し、子宮内膜が厚くなります。
低体温になり代謝も低下していきます。
また、生理痛や貧血を起こすのもこの時期なので十分な注意が必要です。

 

■卵胞期
肌や髪ツヤが良くなり、肌の状態も安定してきます。
代謝機能も戻ってくるので、この時期にダイエットをすると効果的です。
また、このときから低体温から高体温になっていきます。

 

この生理〜卵胞期の間がまさにイビサクリームを使うべきタイミングになります。
逆に、それ以降の周期だと肌トラブルを起してしまいかねないので注意してください。

 

■排卵期
名前のとおり、成熟した1個の卵胞以外が排出される時期で、
このときにホルモンのプロゲステロンの分泌量が多くなります。
代わりにエストロゲンは減少します。
このときから次の周期にかけて妊娠しやすい身体に整えられていきます。

 

■黄体期
イビサクリームを使う時期としては一番避けるべき期間です。
体温が上昇していき、便秘や肌荒れが起こりやすく、肌トラブルを起こしやすい状態です。
また、期間としては約14日間と長く続くので、一番気を付けたい時期です。

 

この後半の排卵期〜黄体期は肌の状態は良くないので、イビサクリームはもちろんのこと、
基礎化粧品の使用をなるべく避けたほうが良いです!

 

あなたの生理周期をきちんと熟知”することが大事!

これらの周期は、おおよそ28日間〜35日間と言われていますが、
もちろん個人差があります。

 

そのため、あなた自身の生理の周期を知ることが一番大事です。

 

そこをしっかりと理解すれば、どういったタイミングでイビサクリームは使っていいかがわかるんじゃないかと思います!