イビサクリームは唇にはNG!?

イビサクリームは唇にはNG!?

 

唇の黒ずみ…それは、色素沈着(メラニン色素)が原因です!
そして、唇は乾燥しやすいため、保湿と黒ずみ対策になるイビサクリームは役に立つ!…ように思いますが、最初に書きます。

 

イビサクリームは唇にはNGです!

 

・唇は粘膜(口内)のすぐ近くだし、舐めてしまう可能性がある
・イビサクリームは、リップクリームのように口に入ることは考えられてない

 

また、イビサクリームを使うよりも、唇のことを考えて習慣を改めるほうがよっぽど黒ずみ解消につながります。

 

唇の黒ずみ(色素沈着)を治すためには?

唇はダメージを受けやすい(乾燥したり、色素沈着が出てきたり)ですが、回復力も早いです!

 

肌には、ターンオーバー(細胞が生まれ変わる期間)があるんですが、唇はその中でもとくに早く、約1週間で1サイクルと言われています。

 

つまり、唇にダメージを与えないようにしていれば、ターンオーバーで自動的に唇の状態は改善可能ってことに!

 

具体的に、唇にダメージを与えないっていうのは…

 

乾燥の原因を無くす

口呼吸になっていたり、舌なめずりをすると乾燥具合がひどくなるので注意してください。

紫外線を防ぐ

唇は皮膚が薄くて、紫外線に対して無防備なので、それを防ぐことが大事です。

唇に水分を与える

唇は水分を維持する力が弱いので、水分補給をしたり、リップクリームでの保湿をすることが大切です。

唇の摩擦

紙ナプキンや、ハンカチなどで唇を拭くと摩擦ダメージでメラニン色素を生み出してしまいます。

皮膚や爪などを作るビタミンが不足している

飲食も大事な要素で、ビタミンが豊富な野菜、果物は積極的に摂っていくとなお良いです。

 

こんな感じです。
唇のケアをする場合は、潤い保湿と唇へのダメージを防ぐことがとっても重要です。

 

そのためにイビサクリームに限らず、黒ずみ対策クリームは使う必要はないかと思います。