イビサクリームにはハイドロキノンが含まれてる?危険性は?

イビサクリームにはハイドロキノンが含まれてる?危険性は?

 

美白効果が高いとされているハイドロキノン。

 

イビサクリームの効果・効能を考えるともしかしてハイドロキノンが入ってるんじゃ?

 

そう思うかたもいるかもしれませんが、残念ながらイビサクリームの有効美白成分は『トラネキサム酸』です。

 

ハイドロキノンは配合されていません!

 

ハイドロキノンはたしかに美白効果が高いけど・・・?

ハイドロキノンはたしかに医薬品として漂白効果が高いとされています。

 

でも、5%の濃度が配合されているだけで、動物実験での発ガン性が言われていて、ヨーロッパでは禁止されている国もあるそうです・・・

 

なぜかというと、ハイドロキノンはメラニンを抑えるだけじゃなく、正常なメラノサイト細胞まで攻撃してしまうからなんです!

 

※メラノサイト細胞=メラニンを作っている

 

メラノサイト細胞はメラニンを作る悪役っていう印象を持っている方がいるかもしれません。

 

でも、そもそもメラニンは紫外線から肌を守るバリアとしての役割があります。

 

その製造元であるメラノサイト細胞を壊してしまうと、肌はメラニンという防御方法を失い、あらゆるダメージを受けてしまうことになります!

 

イビサクリームのトラネキサム酸は危険?

イビサクリームに含まれるトラネキサム酸は、メラニンを作るスイッチ的な役割の「プロスタグランジン」をブロック

 

メラノサイト細胞を攻撃するわけじゃないため安心して使えます。

 

イビサクリームが副作用のリスクが低く、かつ黒ずみ対策として優秀なのは、そういう理由もあるんですね(^^*)

 

もちろん、使う方によってはアレルギーのリスクがあるかもしれませんが、そのために返金保証が28日間あります。

 

安全性を兼ね備えた黒ずみを抑える効果が高いイビサクリームは、個人的にオススメしたい一品です!

 

>>イビサクリームにはアルコールが使われている!?