イビサクリームのMy口コミ『トラネキサム酸ってなに?効果は?』

イビサクリームのMy口コミ『トラネキサム酸ってなに?効果は?』

 

イビサクリームの成分の中に『トラネキサム酸』っていうのがあるんですが…

 

医薬部外品の中でもとくに重要な有効成分の中に書かれている成分なんです!

 

公式ショップサイトでもトラネキサム酸は美白有効成分と書かれているんですが、具体的にどういう効果・働きがあるのか触れていきます。

 

気になる方は、よかったらご覧ください♪

 

トラネキサム酸ってどんなもの?

一言で言えば、アミノ酸の一種です。
実は、けっこう世の中でも幅広く使われている成分で、たとえば

 

・歯茎の炎症や出血防止の為に歯磨剤に配合
・口内炎や喉の腫れの治療に使われる
・皮膚アレルギー疾患の治療にも応用

 

などなど、実は活躍する場が多いんです。

 

もちろん、トラネキサム酸だけの働きじゃなく、トラネキサム酸+αの組み合わせで使われて効果を発揮するものなので、トラネキサム酸はそのキッカケになる成分ってわけですね!

 

また、顔のシミのひとつで『肝斑』への効果も確認されたことがあるくらいなので、今後も大いに活躍する成分かと思います。

 

トラネキサム酸の持つ効果ってなに?

トラネキサム酸は、メラノサイトを活性化させる『プラスミン』を抑える働きがあります。

 

◆メラニン色素 → シミ、色素沈着
◆メラノサイト細胞 → メラニン色素を作る
◆プラスミン → メラノサイト細胞を活性化

 

シミ、色素沈着のメカニズムを簡単に説明しますと…

 

1.太陽光や物理的な刺激が表皮(ケラチノサイト)に与えられる
2.その刺激でプラスミン(メラノサイト細胞を活性化させる)が動く
3.メラニンが作られてしまいシミ・色素沈着になる

 

こんな感じですね。

 

トラネキサム酸は、その中のプラスミンの働きを抑える効果があるんです!

 

専門的な用語がいくつか並びましたが、要するにシミ、色素沈着になるメラニンを抑えることができるってことですね♪

 

肌を治すのは…?

「抑えても、今あるシミや色素沈着はどうするの?」

 

って思う方もいるかもしれませんが、実は治すのは肌自身がやってくれるんです!

 

ターンオーバー(肌の新陳代謝)っていう肌の生まれ変わり期間があるんですが、これによって肌は地道に回復していくんです!

 

【ターンオーバーの目安】
10代…約20日
20代…約28日
30代…約40日
40代…約55日
50代…約70日

 

イビサクリームがいままでの黒ずみ対策クリームと違う点がトラネキサム酸

この成分ですが、ほかの製品にはあまり見かけない珍しい成分です。

 

それをいち早く取り入れたイビサクリームはけっこう良いところに目を付けている製品かと思います。

 

ほかの方の口コミでもトラネキサム酸について書かれていて、評判もなかなか良いです♪

 

もしもあなたがイビサクリームを試す予定があるのでしたら、とりあえずターンオーバーの期間を目安に続けてみると良いんじゃないかと思いますよ(^ ^*)